なぜOEMで受ける必要がある?

OEMのメリットはなに?依頼を受けるメーカー(製造者)の場合【8選】

ここではOEMで生産依頼を受ける8つの主なメリットを紹介します。お菓子を生産している食品メーカー様(製造者様)にとってOEMが有効なビジネスモデルに成りえるのか判断するためにも、ぜひお読みいただきご参考ください。

OEMについて


■OEMとは?

  • 製造者は、相手先ブランドで販売される商品を生産する
  • 購入者は、自社ブランドで販売する商品の生産を他社に委託する

OEMとは上記のようなビジネスモデルを示す言葉です。

OEMを活用すれば、製造者は商品の生産に、購入者は商品のPRに集中できます。

お互いの生産、もしくは販売にかかる工数や費用を減らして、効率よく商品を提供できるようになります。

▶OEMの意味をもっと詳しく解説

■OEMを受けるメーカー(製造者)のメリット8選

  • 設備の稼働率が上がる
  • 生産数の波を平準化できる
  • 従業員を有効活用できる
  • 生産のノウハウを得られる
  • 企業の信頼性が上がる
  • 作った商品が在庫にならない
  • PRや販売のコストを減らせる
  • 商品を売り込んでもらえる

上記は、OEMメーカー側(製造者)の主なメリットです。これからそれぞれ詳しく紹介していきます。

▶委託者側(購入者)のメリットはこちらをクリック

1. 設備の稼働率が上がる

「生産設備を昔に導入したが今ではあまり稼働していない」ということはありませんか。

せっかく設備投資をしても生産する商品がなければ、それは工場のスペースと維持費を余計にとってしまいます。

自社の商品や今受けている注文だけでは稼働できない設備があれば、OEMでそれを稼働できる生産依頼を募集してみてはいかがでしょう。

所有している設備に活躍シーンが生まれ、工場内を効率的に稼働させられます。

2. 生産数の波を平準化できる

OEMを上手に活用すれば時期による生産量の減りを補うことができます。

繁忙期と閑散期の差が大きいとその都度、稼働させる従業員や設備の調整が必要です。

その調整がうまくいかなければ、例えば従業員一人あたりの仕事量が増えて現場の負担になったり、逆に従業員を用意しすぎてコストが余計にかかってしまうなどが起こります。

季節性やトレンド性に売れ行きが左右されやすい商品では、時期により生産量が不安定になりがちですが、OEMで閑散期を補う依頼が受けられれば、生産量の波を緩やかにして、安定した生産現場をつくりやすくなります。

3. 従業員を有効活用できる

OEMを活用して生産コストを下げることができます。

工場の生産コストを下げるには、人材設備を余らせることなく長く稼働させることが重要です。

なぜなら設備や従業員の稼働率が下がったとしても、維持費や人件費は変わりません。

どんなに従業員が多くても生産する商品がなければ、人件費ばかりが増してしまいます。

しかし契約書の内容によっては、一度雇用したシフトを減らすのが難しい場合もあるでしょう。

OEM依頼を募集して生産量が増えれば、人時生産性と設備稼働率を高められます。

4. 生産のノウハウを得られる

OEMは委託者が開発した製品の仕様に基づいて生産を受ける注文もあります。

委託者の注文を伺っていく中で、自社だけでは発見できなかったアイデアや需要を知ることができるかもしれません。

また、注文によっては高い技術力を要求され、生産を請け負っているうちに技術力が育っていくこともあるでしょう。

OEMで育った能力により、自社ブランドでも強く売り出せる高性能な製品が生まれることもあります。

5. 企業、お店の信頼が上がる

自社で作って売るだけでなく、他社からも依頼が来ているというのは、パートナーとして選ぶ際の安心材料になりえます

OEMを受けられる商品が増えれば、より多くの企業が自社への依頼を検討してくれるかもしれません。

もしも大企業からの依頼を受けて、それを公表できたならば、周りから見た自社のイメージも変わるでしょう。

さらにOEMで作った商品のクオリティが認められて市場でもヒットすれば、他のメーカーと比べて一目置かれる存在になります。

6. 作った商品が在庫にならない