なぜOEMを利用するの?

OEMのメリットはなに?商品生産を委託する購入者の場合【8選】

ここではOEMで商品生産を委託する8つの主なメリットを紹介します。お店やブランドを知ってもらうには、魅力的な商品の用意も重要です。理想の販売商品を見つけたい、販売商品のラインナップを増やしたいとお考えの方はぜひ、OEMを活用する検討材料としてご覧ください。

OEMについて


■OEMとは?

  • 製造者は、相手先ブランドで販売される商品を生産する
  • 購入者は、自社ブランドで販売する商品の生産を他社に委託する

OEMとは上記のようなビジネスモデルを示す言葉です。

OEMを活用すれば、製造者は商品の生産に、購入者は商品のPRに集中できます。

お互いの生産、もしくは販売にかかる工数や費用を減らして、効率よく商品を提供できるようになります。

▶OEMの意味をもっと詳しく解説

■OEM生産を委託する購入者のメリット8選

  • 商品のラインナップを増やせる
  • 自社生産できない商品を売り出せる
  • 生産にかかる初期投資を抑えられる
  • 販売テスト用の商品を用意できる
  • 生産コストを調整しやすい
  • 品質の良い商品を作ってもらえる
  • 専門性のあるメーカーを選べる
  • 販売とPRに専念できる

上記は、OEM委託者側(購入者)の主なメリットです。これからそれぞれ詳しく紹介していきます。

▶メーカー側(製造者)のメリットはこちらをクリック

1. 商品のラインナップを増やせる

OEMで販売する商品のラインナップを増やせば、より幅広いお客様に向けてアピールしやすくなります。

例えば、今まで焼き立てパンだけを販売していたパン屋さんに、日持ちのするクッキーを置いてみましょう。

すると日持ちのするお土産品を探している方にも興味を持ってもらえるようになったり、朝ごはんを買いに来た人がパンのついでにお昼過ぎのおやつとしてクッキーも購入してくれるかもしれません。

また、バリエーション豊かな商品が売り場に並ぶと、華やかさが生まれてお客様の関心を惹けることもあります。

2. 自社開発できない商品を売り出せる

OEMで生産を委託するなら、自社の技術・設備で商品をつくれなくても問題ありません。

自社開発商品だけでは今まで取りこぼしていた客層をOEM商品で呼び込める可能性も高まります。

自社の主力商品と相性の良いアイテムを委託生産して、相乗効果を狙うのも良いでしょう。
(例 コーヒーが人気のカフェが甘いケーキの生産を委託する等)

3. 生産にかかる初期投資を抑えられる