生産を効率化するビジネスモデル

【分かりやすく解説】OEMの意味とは?ODM・PBとの違い

ここではOEMとは何か、という基本的なことを分かりやすく解説するページです。似たような言葉としてODM・PBという用語も一緒に説明します。しかし現在、OEMとこれらの言葉の違いはハッキリと区切られているものではなく曖昧です。あくまで参考として考えつつ、OEMの理解にお役立ていただければ幸いです。

OEMについて

■OEMとは

  • 製造者は、相手先ブランドで販売される商品を製造する
  • 購入者は、自社ブランドで販売する商品の製造を他社に委託する

OEMとは上記のようなビジネスモデルを示す言葉です。

OEMを活用すれば、製造者は商品の生産に、購入者は商品のPRに集中できます。

お互いの生産、もしくは販売にかかる工数や費用を減らして、効率よく商品を提供できるようになります。


●OEMの語源

OEMは「Original Equipment Manufacturer」の頭文字をとった略称です。

英単語和訳
Original根源の、最初の、初期の、起源の、独創的な、原型の
Equipment準備、備品、設備、装具、用品、機器、器材
Manufacturer製造業者、メーカー

参照:Weblio英和辞書 

内容が全く同じ商品でありながらブランド名や商品名が異なっている2つの商品があったら、そのどちらかの商品はOEMで作られているかもしれません。製造元のものではないブランドで売られているものがOEMで作られたものです。

・OEMメーカーが担当する業務領域

OEMは元来、受注するメーカーが商品の生産業務のみを請け負って、企画開発、プロモーションなどは発注する販売会社が主導となるのが一般的でした。

しかし今、実際にOEMメーカーが担うサービス領域に明確な決まりはありません。近年は特にOEMメーカーの担当範囲はあいまいです。製造だけでなく企画設計まで担うメーカーも増えています。

一般的にたくさんの工程を引き受けているメーカーほど、委託者との立場は対等なものになり、大きな技術力を持ったメーカーが商品の主導権を強く握っていることもあります。

■OEMと似ている言葉の紹介

OEMと似た言葉
  • ODM
  • PB

・ODMとは?

ODMはメーカーが他社ブランドで販売する商品の企画開発から設計製造まで行うビジネスモデルです。

販売に至るまでの多くの工程に携わるため、商品の品質に対する責任は大きくなります。

ODMを受けるメーカーは委託者よりも高い技術と知識を求められることもあり、委託者との関係性は対等、もしくは対等以上になることもあります。


●ODMの語源

ODMは「Original Design Manufacturer」の頭文字をとった略称です。

 
英単語和訳
Original根源の、最初の、初期の、起源の、独創的な、原型の
Designデザインする、設計する、(…を)計画する、立案する
Manufacturer製造業者、メーカー

参照:Weblio英和辞書 


・OEMとODMの違い

製造を請け負うOEMよりもODMは担当する業務範囲が広い分、技術と責任を求められやすくなります。

とはいえ実際、現在ではこの2つの言葉の用法は業界によっても異なり、近年は特にOEMとODMの境目があいまいです。

OEMメーカーと言いながらも企画設計、マーケティングまでも請け負うところもあるので、OEMと言ったからといって製造しかできないとは限りません。

・PBとは?

PBとは、主にコンビニやショッピングモールなどの流通業者が企画販売しているブランド商品のことです。

PBは販売会社のブランド名で売られていますが、製造しているのは販売ブランドとは別のメーカーです。

つまり、PB製品もOEMで生産されています。


・OEMとPBの違い

PBはOEM製品の1種です。しかし流通業界では慣習によってPB製品と呼ばれています。

■お菓子のOEMはツクマッチではじめよう

ツクマッチ紹介動画

ツクマッチはお菓子を中心とした食品OEMのサポートをするWEBサイトです。

商品のラインナップやノベルティに必要なお菓子をつくってほしい購入者と、お菓子の生産依頼を受注したい製造者がマッチングするためのお手伝いをしています。

掲載・登録・商品掲載は無料で、掲載商品によってはサンプルの購入もできます。ぜひご活用ください。